1970年代少女マンガランキング

MX「5時に夢中サタデー!」を見ていたら、朝日新聞の「1970年代の少女マンガランキング」とやらを扱っていました。

これは朝日が男女1688人にアンケートを取って作成したもの。放送だと紙面に20作品分ほど見えましたが、アップになって読めたのは上位10作品のみだったので残りは検索して確認しました。

[追記]アンケートは朝日新聞の会員サービス「アスパラクラブ」にて『20世紀少女マンガ天国』等を参考に用意した約60の選択肢から1人10作品を選んだものを集計したとのこと。



結果は以下の通り。

順位タイトル
ベルサイユのばら(池田理代子)914
エースをねらえ!(山本鈴美香)849
キャンディ・キャンディ
(原作:水木杏子/作画:いがらしゆみこ)
654
はいからさんが通る(大和和紀)603
ガラスの仮面(美内すずえ)543
あさきゆめみし(大和和紀)342
生徒諸君!(庄司陽子)315
パタリロ!(魔夜峰央)292
スケバン刑事(和田慎二)290
10ポーの一族(萩尾望都)217
1111人いる!(萩尾望都)214
12王家の紋章(細川智栄子あんど芙~みん)182
13伊賀のカバ丸(亜月裕)167
14風と木の詩(竹宮恵子)154
15つる姫じゃ~っ!(土田よしこ)150
16オルフェウスの窓(池田理代子)146
17アラベスク(山岸凉子)132
18エロイカより愛をこめて(青池保子)131
19トーマの心臓(萩尾望都)123
20愛のアランフェス(槇村さとる)114


これはなかなか納得できる並びですね。

記事では少女マンガに詳しい明治大学の藤本由香里準教授は「男性が読んでいたのもこの時期の特徴」と分析。アンケートにも「姉妹の買ってきた雑誌をこっそり読むうちにハマった」「家から離れた本屋で冷や汗をかきながら買っていた」といった男性からの声もあったとかなんとか。

ちなみに20位以下はご覧の通り。
  1. 砂の城(一条ゆかり)
  2. アリエスの乙女たち(里中満智子)
  3. SWAN~白鳥~(有吉京子)
  4. 綿の国星(大島弓子)
  5. あすなろ坂(里中満智子)
  6. 悪魔(ディモス)の花嫁(原作:池田悦子/作画:あしべゆうほ)
  7. おはよう!スパンク(原作:雪室俊一/作画:たかなし♥しずえ)
  8. はみだしっ子(三原順)
  9. エリート狂走曲(弓月光)
  10. カリフォルニア物語(吉田秋生)



私もの買っていたマーガレット、なかよし、フレンドなどを読んでいた口で。他にも母の洋裁学校の生徒のお姉さま方が持ち込んでいた雑誌、単行本などを読んだりしてて、幼い頃から少女マンガというものへの敷居は低かったです。

今回挙がったタイトルでは『生徒諸君!』が懐かしい。岩崎の影響でバスケ部に入ったくらいですから。竹宮恵子なら『地球へ…』も入ってて欲しかったかな。『愛のアランフェス』は作品名ではピンと来ませんでしたが、槇村さとるのフィギュアスケート物とわかって記憶が呼び起こされました。20位以下だと『エリート狂走曲』。ちょっとHなところとか弓月光は青年誌に行く前の方が好きだったなぁ。

『ガラスの仮面』『スケバン刑事』は単行本は大学生の頃に買い揃えるなど作品によって接し方は様々。『ベルばら』や『エースをねらえ!』辺りはアニメの方にハマってました。



私の年代的には70年代よりも80年代の方がドンピシャだったり。
あさぎり夕とか牧村ジュンとか高橋千鶴とか竹本泉とか。

画像

一番好きなのは牧村ジュンの『蝶のように』および続編の『蝶の舞う日』かな。まさかのジブリ化の高橋千鶴では『ミルキー☆レディ』とか『きゃらめるフィーリング』とか『マリエ背番号16』とか、その少女マンガらしさはどれも好きですね。

久々に『きらら星の大予言』とかあさぎり夕作品も読みたくなってしまった。全部実家に置いてあるのでお盆前にこのランキングが発表されていれば帰省ついでに読んでこれたのにな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おすすめ少女マンガランキング

    Excerpt: おすすめ【ランキング】です。「どれを買ったらいいかわからない」、「どんな商品がうれているかしりたい」という方は、おすすめランキングをご利用ください。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。 Weblog: おすすめ【ランキング】 racked: 2013-04-21 16:53