脚本家・市川森一さん死去

画像

脚本家の市川森一さんがお亡くなりになりました。
享年70歳。

数々のドラマの脚本を手掛けられ、代表作にはNHK大河ドラマ『黄金の日日』『山河燃ゆ』や『傷だらけの天使』、映画『異人たちとの夏』といったタイトルが並びますが、個人的にはやはり初期の円谷特撮作品の脚本の人でした。

今回の訃報の中では『ウルトラセブン』の名前が挙がっていますが、私の世代的には第2期ウルトラシリーズの印象が強いです。

特に印象的なのが『ウルトラマンA』最終回の台詞。

優しさを失わないでくれ
弱い者をいたわり
互いに助け合い
どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ
例えその気持ちが何百回裏切られようと
それが私の最後の願いだ

ウルトラシリーズは第1期が別格化されていて、私も後年になってその作品群の完成度を理解もしていますが、それでも私の特撮心を育んだのはやっぱり第2期ウルトラでした。

ご冥福をお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック