金環日食 in 山梨

本日2012年5月21日7時30分頃、全国の広い範囲で金環日食が観測されました。日本では沖縄での観測から25年ぶり、本州では129年ぶり、首都圏では173年ぶりとのこと。次回は北海道の18年後で、今回並みの観測に至っては300年後と聞いては観測せずにはいられませんて。

週末は野暮用で東京を離れていたので私は山梨の方で観測。
日食グラスは「藤子・F・不二雄Ver.」とウルトラマンゼロの「ウルトラゼロアイVer.」という私の好みでチョイス。ゼロアイVer.は遮光フィルムが金色なので金色に輝いて見えるという。

画像



天気予報では東京も山梨もくもりだったのでちょっと心配でしたが、当日朝は太陽が顔をのぞかせてくれてひと安心。しかし、徐々に厚い雲が流れてくるようになり、途中からは雲の切れ間からの観測と相成りました。金環日食時にはグラス越しでは見れませんでしたが、雲越しに輪っかを確認することができました(※注:直に太陽を見てはいけません)。

画像
日食開始

画像
右上から欠けていきます

画像
金環日食

画像
輪っか

画像
そして左下へと日食終了



今日は多くの人が日食グラスを手に同じ方向を向いて太陽を観測する様子がニュース番組などで映し出されていましたが、それらを見ているとどことなく自分の小学生時代=昭和の頃の景色を思い出しました。世紀の天体ショーを前に、それを純粋に楽しむ人の姿は昔も今も変わらないということでしょうかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック