シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS ルパン三世/天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜

<<   作成日時 : 2006/01/05 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●ルパン三世/天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜

監督:
  • 宮繁之
声の出演:
  • 栗田貫一
  • 小林清志
  • 井上真樹夫
  • 増山江威子
  • 納谷悟郎
  • 松井菜桜子
  • ホリ
  • 能登麻美子
  • 新井里美
  • 浅野まゆみ
  • 田中敦子



「ブラッディエンジェルス」
現代のアマゾネスと呼ばれる反米テロ組織。
その中にあって"ラッキークローバー"と呼ばれる4人。
レディ・ジョー:ジークンドーの達人
ボンバー・リンダ:爆薬のプロ
ポイズン・ソフィー:毒薬の使い手
辻斬りカオル:妖刀紅桜を使う手練

いきなりルパン一家と敵の1対1の闘い。不二子が格闘しちゃうのは最近のルパンのキャラ造形じゃ仕方ないのかなぁと思っていたら、2番手の五ェ門が囲んだ敵部隊をバッサリ血飛沫あげてぶった切る様に違和感が。直後、逆にバッサリと斬られる五ェ門で全てがフェイクと理解(その後、次元、ルパンの偽物はあっさり殺される)。敵は女4人組。女性キャラ出しときゃいいと思っているのか。うんざり。



宇宙人の標本がそこかしこにある極秘扱いの「エリア51」を警備する銭形部隊にかなりの違和感。そもそもたかが前フリでエリア51を堂々と存在させ、しかも狙いが《オリジナルメタル》などというSF設定とはね。銭形の助手にドジっ子キャラ(エミリー)が配されていて、さらにうんざり。

偽物と入れ替える作戦で機械を操る怪しい博士3人。内1人は五ェ門なのにテキパキとキーボードを操作する違和感。せめて機械に疎くて銭形が怪しむなどのエピソードを挟めばいいのに。逃走時の斬鉄剣万能主義は見飽きた。何故かゲートを閉めろという指示は全てエミリーに出す銭形。エミリーはエミリーで「わかんな〜い」だし。

ルパンの盗みの動機が不二子ってのも芸がない。

その後、オリジナルメタルを狙いに女3人がルパン一家それぞれに近付くけど、冒頭シーンで敵だとバレているので各エピソードが間延びする。自白剤(毒入り)で自白したルパンが嘘をついてたってことは怪しむべきは当のルパンだろうに、次元の後に五ェ門を疑う敵の女、頭悪くないか?

「アメリカの正義」をキーワードにしているが底は浅い。

エミリーはわざとらしすぎて2度目の登場から完全にバレバレ。
最期なんて手垢がついた展開だし。



昨年夏から録りっぱなしでなかなか観る気が起きなかったけど、その通りの駄作。せめてコレ専用に製作チームが1年動ける環境を金曜ロードショー側で用意しない限り、この低迷は続くんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルパン三世/天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる