シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 大胆MAP「声優の素顔を見たいアニメキャラ30」感想

<<   作成日時 : 2008/01/26 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年1月20日放送の「大胆MAPスタートスペシャル人気アニメキャラクターの声をやっている人の顔を全部見せちゃうよ!ベスト30 2008最新版」

同番組のゴールデン枠進出にあたり、初回スペシャルと称してまたこのネタです。以前、爆笑問題が司会をしていた「○○ベスト100」同様、単なる視聴率稼ぎの底の浅い企画です。でも、そうと知りながらも見てしまっている自分(他アニメファンの方々)がいて……

くやしいですっ!(byザブングル)
本当に悔しいのは軽く扱われる声優の方々でしょうが。

ランキング結果 >>




なんと今回のランキングは一般投票によるものではなく、スタジオゲストを「モニターゲスト」などと称して、事前投票(複数回答可)してもらった結果を元にランキングを作成したという茶番もいいところの代物でした。

以前にも、一般投票を募っておきながら実際に放送したのは「芸能界アニメ通ランキング」だったなんてこともありましたが、それでもそれは100人という数があったのに対して今回はたった8組です。

  • 細山貴峯(13)
  • 半田健人(23)
  • アンジャッシュ(児嶋(35)、渡部(35))
  • 南 明奈(18)
  • 木下優樹菜(19)
  • 石田純一(53)
  • 柴田理恵(48)
  • ラサール石井(52)

こんなモニターでランキングと称し、あまつさえ「2008最新版」などとよく謳えますな。しかもこのことは番組冒頭で触れたっきりで、途中から見た人は全国ランキングと思いかねない、完全に錯誤を狙った作りです。本来なら各順位毎に必ず「スタジオゲストランキング○位」と入れるべきでしょう?

こんな茶番にするぐらいならスタジオゲストに声優を見たいキャラ名を挙げてもらい、そこへ調査員が向かうというシンプルな作りでいいんじゃない? テレ朝には毎度毎度憤慨してますが今回の雑さには呆れますね。



しかし毎度思うことですが、リメイクされたことのあるアニメの場合、本当に投票者(今回はたった8組だけど)の思った声なのかという疑問。初っ端のオバQなんてまず年配組の誰かの投票だろうから、今回の3代目ではなく初代=曽我町子さんのつもりだろうし。



調査員の交渉の小芝居は必要なのか?

調査員の突撃は事前に話を通しているのが見え見え。ただ、声優さん本人への話の通し方がまちまちのようで、その上で声優さんのバラエティ番組というものへの対応の仕方もそれぞれなため、酷いものは本当に酷くなる感じ。

調査員の常套句「疑っているわけじゃないけれど本人かどうかの確認のために一声」という切り出し方はとにかく失礼。おそらくは台本がそうなっているんだろうから作家に文句を言いたいわ。

難波さんの「突然来てそれ(声)をやらされるのってすごい無理があるな〜、メチャクチャだな〜」って感想は普通だよね。



調査員の質としては──

にしおかすみこはなんとか。相手が他にどんなキャラを演っているかぐらいは事前に調べるぐらいすべきとは思うけど、素直にゴマちゃんや和也で喜ぶ姿は悪くなかったので。

濱口優はバカボンとかニコチャン大王とかお馬鹿キャラ系は好きそうで、レレレのおじさんでも会話の途中でレレレのおじさんっぽいと感じた上で声を聞かせてほしいとお願いしたりと自然なファンに近い。本人のお馬鹿さが相手を和ませるってのもあるし(笑)。

ほっしゃんは前回の納谷さんへの態度を反省したのかさせられたのか、少しマシに。ベラの時はまだ嘘くさいけど、柔、ピョン吉はOK。柔の時は細かい台詞などを口にするもちょっとピンポイントすぎるので、おそらく番組で流した名場面VTRを事前に見せられたっぽい。

タカは心のない態度は相変わらず。アニメを知ってる風なだけほっしゃんよりマシという程度だったのが今回それは逆転された感あり。とにかく言い回しが失礼で、頓宮さんのような出演NGの場合にはさらにわざと失礼な言い回しをするのが嫌。

あと、事務所を訪ねる=出演NGだけど電話で声だけパターンの空々しさはなんとかならんものか。出演される場合はドコソコにいるという情報で足を運んでいるのに不自然極まりないです。



にしおかすみこは横沢啓子さんに「大胆MAPは悪い番組ではないので」と言ってたけど、この番組は悪い番組だよ。

だって今回、千々松さんは前回出演NGの理由はスケジュールの都合だと仰ってましたから。やっぱりそうじゃん。番組側の限られたロケ日に無理やり合わされてるってことじゃん。それなのに一緒くたに「出演NG」と出されて印象を悪くされてるわけで。

真摯な番組作りとは主役である声優さんのスケジュールにこそ合わせるべきものじゃないのかい?

堀絢子さんなんかは前回お断りしたのに、2度目で、しかも土下座という名の脅迫で出演交渉をするなど卑怯以外の何者でもないでしょう。



ちなみに緒方恵美さんの経緯は、それこそ声優の方々のメンタリティは人それぞれであって、声優というひと括りの人格で扱うことの方がおかしいと思いますね(例えば俳優相手にあのシーンの芝居して下さいとお願いするのはいかがなものかと)。編集された映像でしか見えないのでなんとも言えませんが、緒方さんがOKしたのはステージ上で顔出しすることだけのつもりだったかと。大木アナが客席を巻き込むように「シンジの声が聞きたい」とした流れは予定外で。編集で短くなってますが現場は延々と粘ってグダグダになってそうですし。これが調査員が芸能人だったら適当なところで引いてるんでしょうが、女子アナという立場ではそれもできずにいたんでしょう。それにしても「大木がステージに上がるという条件を満たしたのでいよいよ顔出しさせていただきます」ってなんか変な言い回しじゃない? それは条件ではなくMC時に相手をしますって話でしょうに。自分らの非礼は棚に上げて「声優風情に振り回された」とでも言いたげな悪意を感じます。



なんか文句ばかりになっちゃいましたね。

でも今週またこのネタ(今度はベスト20)をやるんだそうで……それなら手を替え品を替えしていただけ以前の「○○ベスト100」の方がまだマシでしたな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大胆MAP「声優の素顔を見たいアニメキャラ30」感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる