シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS スマステ「懐かしのテレビゲームベスト20」感想

<<   作成日時 : 2008/09/05 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年8月30日放送『SmaSTATION!!』「懐かしのテレビゲームベスト20」。この「懐かし」は「80年代〜90年代前半」と定義。つまりは「SS&PS時代以前」ということですね。

今回、「全国400人の方にアンケートを実施」したそうですが過去のアニメヒーロー、ヒロインなどと比べると随分と少なくない?(ヒーロー=1600人、ヒロイン=2000人)

ランキング結果 >>




結果は予想通りファミコン系タイトルがほとんどで、セガハード人生だった私には実体験としての懐かしさは少なかったです。まあ、メジャーなタイトルばかりですから、時代を感じる懐かしさはありましたね。

私のファミコン歴は、当時、妹が親にねだって買ってもらった共有の物のみ。ランキングに並ぶタイトルでプレイしたのは『マリオ』『グラディウス』ぐらいかな。

一人暮らし時に兄弟共有のファミコンは持ち出せず、同じ物を買うのがもったいなくてセガマークIIIを購入したところから私のセガハード人生が始まったという(笑)。



以下、個々の思い出。

『ソニック』の紹介で「オリジナルアニメが製作された」といって流れた映像が最近の『ソニックX』なのはご愛嬌。ていうかセガ人以外には興味ないか。ちなみに『ソニックX』はこれを機に日本未放送分も収録したDVD-BOXとか出してくれないかなぁ。

『高橋名人の冒険島』は『ワンダーボーイ』だという情報は……当然無いよね。高橋名人の16連射の紹介には『スターソルジャー』は欠かせないけどランク外なのね。『スターソルジャー』は何故かプレイしたなぁ。

『ロードランナー』はPC版で遊んでいたので、どうもあのデカキャラ&スクロール表示が好きになれず遊びませんでした。

『ボンバーマン』のところでやっとPCエンジンも紹介。PCエンジン版を友達ン家で対戦しまくったっけ。10人対戦ができる『サタボン』をちゃんと紹介したのはグッジョブ。

『テトリス』──ファミコン版はセガ人にはトラウマだよ。私はアーケード中心、家庭用はゲームボーイ版をプレイしてましたね。

テトリスの次にブームになった落ちモノパズルとして『す〜ぱ〜ぷよぷよ』('93発売/SFC)が紹介されていましたが、メガドラ版はスルー? ゲーマーではない妹が『ぷよぷよ』やりたさに自分でメガドラ2を買ったぐらいなのに。まあ、スーファミ版が出てガッカリしてたのは確かだけど。

『たけしの挑戦状』も妹が買っていたっけ。当然、私もクリア出来ませんでした。そんな妹はせっかくメガドラ2を買ったからと『ゾウ!ゾウ!ゾウ!レスキュー大作戦』を買ってしまうような人。

私にとっての『ストII』は『ダップラ(ダッシュプラス)』です。



さて、今回も自分のベスト20を考えてみるとしますか。
20本もあるかなと思ったら20じゃ足りない!
絞りに絞った結果は以下の通り(※発売&ハード順)。

  1. スパイVSスパイ('86発売/FC)
  2. ソロモンの鍵('86発売/FC)
  3. エレベーターアクション('85発売/SG)
  4. 北斗の拳('86発売/マークIII)
  5. スペースハリアー('86発売/マークIII)
  6. アウトラン('87発売/マークIII)
  7. アフターバーナー('87発売/マークIII)
  8. ファンタシースター('87発売/マークIII)
  9. 獣王記('88発売/MD)
  10. 大魔界村('89発売/MD)
  11. ゴールデンアックス('89発売/MD)
  12. 重装機兵レイノス('90発売/MD)
  13. スーパーモナコGP('90発売/MD)
  14. アイ・ラブ・ミッキーマウス('90発売/MD)
  15. ベアナックルII('93発売/MD)
  16. バーチャレーシング('94発売/MD)
  17. 魔法の少女シルキーリップ('92発売/メガCD)
  18. ルナ/ザ・シルバースター('92発売/メガCD)
  19. ゆみみみっくす('93発売/メガCD)
  20. 夢見館の物語('93発売/メガCD)

ソニック、マリオクラスはもう懐かしいって感じがしないので除外。



ファミコンタイトル2本に関しては、『スパイVSスパイ』はマークIII版の存在を知らず、『ソロモンの鍵』のマークIII版は後年('88)の発売だったので仕方ないところ。

『スペースハリアー』はメガドラ版『II』も思い入れが強いんですが、同タイトルということで外しときます。

『アイ・ラブ』シリーズに始まるディズニーアクションゲームはどれも完成度が高くてもっと入れたいぐらい。『アラジン』の滑らかな動きとか気持ちいいし。

『ベアアックル』は『II』が一番爽快に遊べる。1作目のマイナー感も好きだけど。ちなみに1作目はメガCD同梱『SEGA CLASSIC ARCADE COLLECTION』に収録された海外版でプレイ。

『シルキーリップ』はOPが耳に残って仕方がない。「リ〜ラ〜ルル〜♪ラ〜リ〜ルル〜♪リ〜ラ〜ルル〜リップ〜♪」

『ゆみみみっくす』は竹本泉の絵が、今時のMPEGムービーのようなものじゃなく、ハードの力で動きまくることに感動。実は「パイナップルみたい」以来のファンだったりして。うじゃうじゃ。ゲームアーツ作品では『シルフィード』『うる星やつら』も捨てがたい。



次点で削ったのは
『F-16ファイティングファルコン』('85発売/マークIII)

ワイヤーフレーム風の3Dドッグファイトを楽める作品。マークIIIそれもマイカードタイトルで実現してる無茶がカッコよすぎる。中裕司さんが作ったと聞くと妙に納得したりして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマステ「懐かしのテレビゲームベスト20」感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる