シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ『桜蘭高校ホスト部』が終わっちった

<<   作成日時 : 2006/09/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

は〜、『桜蘭高校ホスト部』が終わっちゃった。
毎週楽しみにしてた数少ないアニメだったのに。
番組改編期ということで様々な作品が最終回を迎えたので、見ていたアニメの軽い感想を。



  • 『桜蘭高校ホスト部』
    原作を知らなかったので、そのタイトルと「金持ち学校の高校生が暇を持て余す同校の女子生徒相手に"ホスト部"を運営する」という突飛な内容を聞いて、そっち系を好む方々向けの嫌みな登場人物らの嫌みな話かと思っていたら、第1話で見事に電球がついた私(笑)。でも主人公が男の子だったら、男が見るべきものではないあっち系作品だったろうな。無自覚な女の子が周りの男の子たちの心を解きほぐす系。『風光る』とか好きなんで私にジャストフィットでした。最終回(前後編)は定番ながらもエンディング曲と共に走り出した姿に見事泣かされちゃいました。続編希望!

  • 『ゼーガペイン』
    実は最初はそれほど面白くはなかった。正直、数話見て、その後も視聴を続けるか否かを考える中で、毎回取捨選択のボーダーライン上の作品だった。虚実が実は反対だったという事実が出てからは視点の反転により深みが出た。全体のバランスは良いけど突出した何かが無かったのが惜しい。しかし「生きる」という意味を若者に提示し続けた秀作でした。

  • 『ハチミツとクローバーII』
    前シーズンを見ていたのでもちろん視聴。今シーズンは登場人物らが各々なりに決着をつけるためハッチャケ度は少なく暗め。はぐも単なる不思議少女ではなく1人の女性として描かれているし、森田兄があんなに描写されるとは思ってもなかった。でも、きれいにまとまってたと思います(原作ファンには不満もあるみたいだけど)。最終回だけ主人公の声が代役だったのはもったいなかったなぁ。せめてDVD化の際に再収録したりしないのかな?



  • 『獣王星』
    本来は今クール作品じゃないけど一応。ノイタミナ枠は1クールで作品を回すと決めているみたいだけど、その弊害でかなり駆け足に終わった感が。序盤のまとめ方は上手いと思うけど、中盤以降はエピソード消化に追われるばかり。2クールかけて丁寧に人物の内面を描けば傑作になったかもしれないだけに残念。堂本光一は堂本光一でしかなかったです。まるで堂本光一主演の舞台を聞いている気分でしたもん。



  • 『BLOOD+』
    結局、大した展開もしないままに終了。始まる時にはあんなに「沖縄、ベトナム戦争からしか物語を始められなかった」と言っていたくせに、その後、まったく掘り下げることがないままだったのは残念というかガッカリ。『エウレカセブン』同様、1年間というシリーズを作れるスタッフではなかったということ。2クール半年でまとめればもう少しマシになったかもね。

  • 『ウィッチブレイド』
    これまた大して展開しないままに終了。下手したらウィッチブレイドが活躍しない回の方が多かったんじゃなかろうか。アメコミ企画とのメディア展開作品だったけど、まったくその良さが消えてしまっていた。かといってウィッチブレイド抜きで見ても面白くない。作り手が作品の軸を見いだせないまま作り続けた失敗作。

  • 『.hack//Roots』
    数年前の『.hack//SIGN』が登場キャラクターの裏に現実の人間がいるネットRPGというものを見事に映像化していて面白かったので、本作も見てみたけど、オーヴァンが消えた辺りから極端に付き合うのが辛くなった。物語は停滞しっぱなしだし作画もガタガタで動かない場面もしばしば。それでもオチだけは確かめたくて必死に見続けたけど、結局「続きはゲームでね」ってこと!? ふざけんな。マルチメディアで付き合っているファンには申し訳ないけど、作品としてやっちゃいけないことをやった駄作だよ、コレ。



  • 『ARIA』
    まあ、何も起こらない、分かりきった結論に帰結する日常描写が持ち味の作品なので、身を委ねられるかどうかが評価の分かれ目。前シーズンのパッケージングの良さに今回も見たけれど、ちょっと質が落ちた。あと今回、主人公の「はひ」という台詞が耳障りに。ちゃんとした言葉使いで挨拶しなさいっ。

  • 『xxxHOLiC』
    CLAMP作品ってアニメ化するとマシになることが多いけど、本作も同様。CLAMPらしい独善的な物言いを見れるものに仕上げたアニメスタッフに拍手。四月一日(わたぬき)の性格の破綻はどうしようもないし、訳知り顔な登場人物に嫌悪感も抱くけど、1話1話のまとまりはいい。基本的にCLAMPに不満がない人なら十分楽しめたのではなかろうか。私は「楽しくもないけどつまらなくもない」で見続けてしまいました。

  • 『エンジェルハート』
    そもそも「シティハンターの続編」という売り以外、何の価値もない作品。香をこれでもかというぐらい神格化していて気持ちが悪い。それに付随する設定変更など、続編としての魅力も薄い。作画も固く、アニメとして楽しくない。それでも、やはりシティハンターの続編だから見続けた。それだけ。



  • 番外
    『ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール』
    映画の感想でああいうことを書いたので『〜アドバンスジェネレーション』の終わり方が気になって最終回をチェック。サトシの旅は終わらなそうな気配。そこで『〜ダイヤモンド&パール』初回2時間スペシャルを見てみたら第1話はちゃんと新主人公ヒカリが旅立つ物語。アイキャッチもヒカリ単独。ところがやはり最後にサトシがシンオウ地方にやってきて、第2話でロケット団も登場。ピカチュウがヒカリと出会って、タケシもサトシと合流。第3話で3人が顔を合わせて、やはり一緒に旅することに。アイキャッチにもサトシとタケシが加わった。やっぱアニメ版にサトシとピカチュウとロケット団は欠かせないのね。でもまあちょっと安心したかも。



さ〜て、ここしばらくは新番組を全部録画して、1、2話見ては視聴を続けるかどうかの取捨選択をしていくのか。う〜ん、情報で見る限り、あまり惹かれるものがないだけに面倒くさいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ『桜蘭高校ホスト部』が終わっちった シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる