シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006秋の新アニメ感想

<<   作成日時 : 2006/10/24 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋のアニメ新番組多すぎっ。特に深夜アニメが多くて時間が重なることも多い。深夜って時間の変更が多いからチェックが面倒なのよね。で、やっと概ね初回チェックが終わった(その間に2、3話見たものもあるけど)ので軽く感想を。



【日曜日】
  • 『金色のコルダ』(テレ東/深夜1:00)
    あ〜、コーエー原作か。主人公の女の子の周りに美形な男の子いっぱい。話は音楽科を舞台に、妖精に選ばれた主人公が魔法のバイオリンを授かって……という展開。好きな人向けなので私はいいです。

  • 『夜明け前より瑠璃色な』(TVK/深夜1:30)
    月の女王が主人公の家にホームステイしにくるただの萌えアニメ。しかし冒頭の地球と月の戦争エピソードって必要ですか? 暗殺ネタでもあるんでしょうか? もう見ないから別にいいけど。

  • 『ギャラクシーエンジェる〜ん』(テレ東/深夜2:00)
    アニメ『ギャラクシーエンジェル』が面白かったので、次世代キャラになった本作もチェック。前シリーズは美少女キャラ萌えを放棄したシュールなギャグアニメになってたから好きだったんだけど、本作はスタッフが変わって、ただのギャグにキレのない美少女キャラ萌えアニメになっていた。正直つまらない。OPの変なキャラが気になるのでしばらくは付き合うけどね。



【月曜日】
  • 『結界師』(日テレ/夜7:00)
    『シティーハンター』や『名探偵コナン』のこだま兼嗣監督ということで、実にポピュラリティのある作品に仕上がっている点が○。ジャンプ系作品のような"あざとさ"がないのも個人的には好印象。野暮ったくもあるけど幅広い層を視野に入れた作品作りというものが最近は少ないからね。しかし、設定的に舞台が夜の学校限定というのはこの先どうなるんだろう?

  • 『銀色のオリンシス』(TVK/夜10:25)
    『ガンダムSEED』の平井久司キャラデザイン。正直、あの絵はもう食傷ぎみなんだけどロボットSFだし見た。びっくりした。OPは綺麗でも本編の作画はガタガタ。雑魚メカも80年代のOVAかと思うような代物。あぁ〜、平井久司のネームバリューだけ借りた作品ってことか。そういや昔はそんな作品も多かったなぁ。作画だけじゃなく物語、設定、演出も酷く、どこの自主製作アニメ?って出来。

  • 『BLACK BLOOD BROTHERS』(TVK/夜11:00)
    美形な吸血鬼兄と可愛らしい吸血鬼弟という見た目の売り以外は意外と普通なヴァンパイアアクション。面白味はまだ感じられないけど敬遠するほどでもない感じ。

  • 『ときめきメモリアル』(テレ東/深夜1:30)
    とりあえず1話見た……やっぱりついていけません。

  • 『パンプキン・シザーズ』(TVK/深夜2:15)
    ミリタリー系でまとも。ハガレンのマスタング下の軍部キャラを好きな人は好きになりそうだなというのが第一印象。しかし、女性小隊長の無鉄砲な突っ走り方はちょっと嫌い。軍の非公式極秘部隊の人間らがこれからもキーワードとなって関わってくるのかな?



【火曜日】
  • 『D.Gray-man』(テレ東/夕方6:00)
    架空の19世紀ヨーロッパを舞台に「千年伯爵」の野望に立ち向かう少年少女エクソシストたちの活躍。第1話は設定を並べたそつのない作り。う〜ん、つまらなくはないけど面白くもないなぁ。もはや見飽きたっていうか(それは歳のせいか)。やっぱハガレンの二番煎じに感じちゃうし。見飽きてない若い人なら楽しめるんじゃなかろうか。

  • 『DEATH NOTE』(日テレ/深夜0:56)
    クオリティはしっかりしてるので、これで原作読む代わりにしようかと。しかし、ホンマ、危うい正義心の暴走ですな。まあ既に正義ではないけど。あ、Lの正体は工藤新一かと思ったよ(笑)。

  • 『ゴーストハント』(テレ東/深夜1:00)
    とりあえず1話と思ったのに初回エピソードが3週に渡るとは……。ノリは少女漫画系で普通。しかし高校で起こった心霊現象に対して、校長は巫女、坊主、エクソシスト、霊能力者といっぺんに人を呼びすぎでは? 主人公の女子高生が嫌みのない等身大なキャラで見やすいのでとりあえず次エピソードも。

  • 『ヤマトナデシコ七変化』(テレ東/深夜1:30)
    ネクラ少女を心配した叔母が美少年4人に少女を立派なレディにするように同居させる話。ギャグの間が妙に良いと思ったらナベシン監督だよ。少女漫画でありながら見事なギャグアニメ。普通に面白い。

  • 『砂沙美☆魔法少女クラブ』(日テレ/深夜1:35)
    『天地無用』からのスピンオフ『プリティサミー』を更に全くリニューアルした作品……でいいのかな? 今時の絵柄で、これはもはや別物と思うべきですねぇ。え〜と……砂沙美萌えしろと言わんばかりの描写と少女キャラたちの子供素人声のオンパレードに私は心が挫けました。スイマセン。

  • 『BLACK LAGOON II』(TVK/深夜1:45)
    前シーズンを見てたのでもちろん見た。うむ、見続ける。

  • 『RED GARDEN』(テレ朝/深夜2:40)
    突然ヴァンパイアになった少女4人が夜な夜な怪物退治を使命づけられる……と聞くと実に今時のアニメっぽいものを想像するけれど、舞台はニューヨークの高校で、絵柄も濃い系な少女漫画風で、アニメというより海外ドラマを見ている気分だった。アニメとしての魅力は薄いので、どうせなら海外ドラマで見たい。



【水曜日】
  • 『武装錬金』(テレ東/深夜1:00)
    初回、詰め込みすぎ。あれは2話分のエピソードでしょ。1話目は主人公と謎の少女の出会いを描いて、2話目で戦士としての目覚めを描くべきでしょ。どうしても戦士の目覚めを1話目で描きたいなら友人関係の描写を2話以降に回して、1話目は主人公と謎の少女との関わりだけで物語を構成すべき。で、これも『D.Gray-man』同様見飽きたかなぁ。若い人なら(以下割愛)。

  • 『スーパーロボット対戦OG』(テレ東/深夜1:30)
    コレは酷いな。物語を見せる作業を放棄している。ファンなら分かるのかもしれないけど、そういうのは同人誌でやって下さい。絵も動かなすぎで『サイバスター』の悪夢再び?と思ったけど、物語を見せようとしてただけ向こうの方がマシですね。私はもういいです。

  • 『蒼天の拳』(テレ朝/深夜2:40)
    荒廃する世紀末の数十年前=1930年代を舞台に北斗神拳伝承者の活躍を描く『北斗の拳』外伝。弾けた面白さはないけど北斗の拳ってことでやっぱ見ちゃうな。『エンジェルハート』と違ってパラレルじゃないしね。



【木曜日】
  • 『働きマン』(フジ/深夜0:45)
    女性編集者を主人公に職業系作品としてちゃんと面白い。ノイタミナ枠クオリティ。

  • 『009−1』(TBS/深夜1:25)
    釈由美子主演が売りだけど、声は可もなく不可もなくかな。アニメらしいメリハリのついた作画は見ていて爽快。綺麗なだけでこじんまりした動きしかしない作品が多い昨今にあって一見の価値あり。しかし「目からビーム」ならぬ「乳からマシンガン」ですか?

  • 『マージナルプリンス』(TVK/深夜1:45)
    どこぞの孤島にある男子校に転校した日本人主人公って凄い設定だなぁ。どういうルートでそんな学校に辿り着くんだろう。主人公は寮生の男子と出会う度に「王子様」と思ったりと、完全に女子向け作品。しかし(後に和解するとはいえ)転校生ってだけであそこまで泥棒扱いする奴らって酷くない? それでも顔が綺麗なら許せるの?

  • 『あさっての方向。』(TBS/深夜1:55)
    ある日、主人公の妹(小学生)が大人の姿に、主人公の元恋人の女性が子供の姿に……という内容を聞いて、またぞろ萌えアニメかと思ったら、まともな登場人物に丁寧な心理描写という良作だった。

  • 『はぴねす!』(TVK/深夜2:15)
    学校に魔法科が普通にある世界。でも校舎が壊れたからって普通科にバラバラに編入させるって無理あるでしょ? 普通は使用教室を調節するんじゃない? どう考えてもカリキュラム別でしょ? まあ、萌えアニメ設定に文句を言うのは筋違いか。とにかく私はヒロインの仕草や表情、そのアニメ声に拒否反応が。

  • 『すもももももも』(テレ朝/深夜2:40)
    格闘家の息子ながら暴力恐怖症の主人公の元に別の格闘家の娘が押し掛け女房する話というのは王道だけど、女の子が非文明キャラでちゃんと笑えるギャグアニメになっていた。普通に面白いんで夕方放送でもいいと思うけど、どこにでも床を敷くってのがやっぱり駄目なのかな?



【金曜日】
  • 『コードギアス/反逆のルルーシュ』(TBS/深夜1:55)
    まず、何故、架空の世界で日本だけ実名なのか? 見た人間(日本人)に感情移入させるため? でも相手国はブリタニアなんて仮想国で座りが悪いことこの上ない。だったらアメリカを相手にしようよ。そもそも現実世界の揶揄すらしないんなら逆に主人公の国名こそ架空でいいじゃん。その上で主人公たちに感情移入させるような状況描写を積み重ねるべきなのに、日本というファクターの力を借りてその作業を放棄したにすぎない。CLAMPはキャラ原案だけのようだけど、なんかこのノリってCLAMPっぽい。全体的に何かの寄せ集めという印象。とりあえず2話目を見たら日本をジオンにしたガンダムも入ってるね。妙に右翼的だし、虐殺描写が視聴者の怒りの誘導のための配置でしかなかったりと、製作者の意識の軽さを感じる。見た目がいいだけに若い人はすんなり見ちゃうだろうけど、作品の見極めは忘れないでね。

  • 『銀河鉄道物語/永遠への分岐点』(TBS/深夜2:25)
    新メンバーを加えた新シリーズ。変わらない王道な物語。う、ここにも石田彰が(笑)。まあ、プライドがあって、ちょっと嫌みな新人役に合ってるけどさ。



【土曜日】
  • 『ぷるるんっ!しずくちゃん』(テレ東/朝9:30)
    雨粒の妖精しずくちゃんの"しずくの森"を舞台にした日常をコミカルに描くアニメ。切り捨てるつもりで初回だけ見たのに微妙にシニカルなキャラたちにハマってしまった(苦笑)。みんな何かの液体の妖精で「はなぢ君」とか「はなたれ君」とかいて凄いわ。

  • 『家庭教師ヒットマンリボーン!』(テレ東/朝10:30)
    へたれ中学生が実はマフィアの跡取り候補で赤ん坊の容姿のヒットマンが家庭教師として居候する話……でいいのかな? OPを見るとこの後、跡取り候補がもっと出てきて、それぞれに赤ん坊ヒットマンみたいなお助けキャラがついてて、皆で戦うか競い合うのではなかろうか。私はキャラ造形に感情移入できないのでパス。

  • 『天保異聞 妖奇士(あやかしあやし)』(TBS/夕方6:00)
    幕末を舞台に妖夷(ようい)と呼ばれる化け物と戦う組織が作られたという設定、「向こうの世界」など印象はまるで和風ハガレン。まあ脚本が會川昇だから構わないけど。ちょっと分かりにくいながら仕上がりは良かった。2話目など直接描写はしてないけど奥底のドロドロした部分があるし。アニメオリジナル作品だし見る。

  • 『乙女はお姉さまに恋してる』(TVK/深夜0:30)
    女子高に女装して転校するはめになった男の子……って、普通バレるでしょ。まあアニメならではですな。基本は萌えアニメだけど、主人公が女装しているというポイントがスパイスになってちょっと見れる(笑)。

  • 『史上最強の弟子ケンイチ』(テレ東/深夜0:55)
    ひ弱な主人公は高校で空手部に入るもそこでもイジメを受け、転校生の女の子の勧めで「梁山泊」と呼ばれる道場に入門して、以降、たぶん鍛えられていく話か。ひ弱と言いながらもリアクションがバイタリティ溢れていて、あまりひ弱に感じない。これが『はじめの一歩』みたいなら分かるんだけど。ん〜、ちょっと肌に合わないかな。声優は妙に豪華なんだけどね。

  • 『少年陰陽師』(TVK/深夜1:00)
    安倍清明の孫が主人公という普通のアニメっぽい作品。パッと見、犬夜叉かと思ったよ。ちっちゃい小動物(=式神)が実は美青年という基本は女子向け作品。メインの主人公らの声が一本調子で聞いててちょっと辛いのが難だけど。

  • 『らぶドル』(TVK/深夜1:30)
    ……ごめんなさい、もういいです。

  • 『バーテンダー』(フジ/深夜1:45)
    若き天才バーテンダーが出会う様々な人間模様という体の作り。石ノ森章太郎の『HOTEL』系ですね。しかし、舞台芝居を見るような妙な演出がうざったい。わざわざ録画してまで見る気はしないかな。

  • 『くじびきアンバランス』(TVK/深夜2:30)
    くじびきで生徒会役員が決まるという設定についてけないオジサンです。不思議メカとか普通に登場しちゃうし。これは絵柄とか動きで金を払わせるOVA作品だね。ギャグのキレが悪いハレグゥって感じだなぁと思ったら当の水島監督だった。どうしちゃった?

  • 『Gift〜ギフト〜』(TVK/深夜4:25)
    その町では誰でも一生に一回、ギフトと呼ばれる不思議な力を使えるという設定に拒否反応。そんな力に国や他の町の人間は何の干渉もしないんですか? 主人公の性格、様々な属性の女の子キャラ、変なデザインの高校制服等々、いわゆるただの萌えアニメ。



ふ〜、本当に多すぎ。
『ビックリマン』は元々世代じゃないので最初からパス。
『ネギま!?』も前シリーズの時点で肌に合わなかったのでパス。

というわけで初回チェック後、いくつかの番組は切り捨てましたが、あともう少し絞り込まないとHDD容量と時間にも限界が。やっぱりアレとかアレもやめようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006秋の新アニメ感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる