シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007夏の新アニメ感想

<<   作成日時 : 2007/07/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いくつか新番組が始まったので初回チェック。今回は基本的にU局深夜アニメがほとんどで、ジャンルも「萌え」が大半。タイトルでほぼ取捨選択できたけど一応見てみました。



【日曜日】
  • 『CODE−E』(MX/夜11:30)
    日常にデジタルが浸透した近未来2017年が舞台。感情が高まると電磁波を出してしまう女子高生・海老原千波美はその体質のため転校を繰り返していたけれど、という設定。作画は安定してるし、さほど媚びた内容でもないけど……微妙? まあ方向性が見えるまではなんとも。

  • 『ゼロの使い魔/双月の騎士』(TVK/深夜1:30)
    前シリーズは1話見てやめたけど今回もパス。



【月曜日】
  • 『もえたん』(TVK/夜11:00)
    萌え+英単語のアレのアニメ化ですな。変身魔法少女物だったとは。小野坂昌也声のアヒルは嫌いじゃないけど、もういいかな。

  • 『ななついろドロップス』(TVK/深夜2:15)
    無口で人付き合いが苦手な主人公(男)が間違って別世界の変身薬入りのジュースを飲んで羊のぬいぐるみに。元の姿に戻るためにはパートナーとなる女の子と星のしずくを探さなければならないという、結局は魔法少女物でした。ヒロインのオドオド加減やそのアニメ声は私の許容範囲を軽くオーバー。もういいです。



【火曜日】
  • 『BUZZER BEATER』(日テレ/深夜0:56)
    宇宙リーグを純地球人チームで制しようとする井上雄彦原作のSFバスケアニメ。面白くないなぁ。なんか話の途中から始まってるし。興味は薄かったけど益々どうでもよくなりました。

  • 『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』(MX/深夜2:00)
    マガジン原作のギャグ配合淡白水泳アニメ。う〜ん、どうもマガジン作品は好みじゃない。部員は女子多しでそっち系への訴求効果を狙ってる感も。

  • 『スクールデイズ』(TVK/深夜2:15)
    好きな人の写真を携帯の待ち受けにして3週間、誰にもバレなかったら恋が成就する、が、初日に挫折した所から始まる恋愛模様。よくあるギャルゲー恋話。1話ラストで主人公を遠巻きに見る女の子集団の図は恐いよ。クラスメートの女の子の「つ〜れないなぁ〜」が耳障りに感じた私は見てはいけないアニメなんでしょうな。

  • 『ZOMBIE-LOAN』(テレ朝/深夜2:40)
    気弱で友人のパシリにされる少女は死神の眼を持ち死人=ゾンビを見分けられ、事故でゾンビになった少年2人が生き返るための借金返済の手伝いをさせられるという話。腐女子向けマイナー作品でそういう価値観で形作られているので私は駄目でした。



【水曜日】
  • 『ドージンワーク』(TVK/深夜1:15)
    まんま同人誌ネタ。まんがタイムきららってことは元は4コマか。作画はいいけどネタがまったく面白くないキャラ萌え用アニメ。Bパートまるまる声優のトーク映像ってのも辛い。私の耳がアニメ声を拒絶する。アニメ情報番組を楽しめる方ならどうぞ。



【木曜日】
  • 『モノノ怪』(フジ/深夜0:45)
    ノイタミナ枠で以前放送された『怪〜ayakashi〜』の流れを汲む作品のようですが見てなかったのでよく分かりません。独特な雰囲気はあると思いますが個人的には特に惹かれません。

  • 『スカイガールズ』(TVK/深夜2:15)
    西暦2071年、突如現れた機械細胞体との戦いで人口の3分の1を失い、遂には大量破壊兵器を使用。20〜30代の男性の9割を失った……って、耳+しっぽ付き少女がメカに乗る口実設定かい。まじめに見て損した。コナミ商法アニメ。



【金曜日】
  • 『はぴはぴクローバー』(MX/夕方6:30)
    放送枠が示す通り普通の児童向けアニメでした。三日月森を舞台にうさぎの女の子・ちまと仲間たちの日常を描く。擬人化度の高いロッキーチャックって感じ?(古っ) ちゃお連載ということで推して知るべし。さすがにパス。

  • 『時空警察ヴェッカーシグナ』(MX/夜11:30)
    これはアニメじゃないけど、ヴェッカーって聞いたことあるなぁとチェック。かつてビデオ→TVシリーズと展開した変身ヒロインドラマの新作。……酷いね、コレ。女の子たちの学芸会芝居と自主制作映画以下の演出。渡洋史さん&真夏竜さんがもったいない。



【土曜日】
  • 『さよなら絶望先生』(TVK/深夜0:30)
    こういう系好きな人には面白いんでしょうな。基本アニオタ向け。意味のない会話ネタで綴る作風は私の肌には合いませんでした。

  • 『ひぐらしのなく頃に解』(TVK/深夜2:00)
    前シリーズは1話見てやめたけど今回もパス。この手の謎散らし系を解く気力は持ち合わせていないもので。

  • 『ぽてまよ』(TVK/深夜2:30)
    主人公の男の子の家の冷蔵庫の中からひょっこり現れた2頭身のちっちゃい女の子が学校にくっついてきてクラスをほんわかした雰囲気にしていました。私はもういいです。

  • 『CLUB GENEON』(TVK/深夜4:00)
    ──って何かと思ったら、Geneonで出しているアニメを宣伝する枠の模様。初回では『ハンドメイド・メイ』第1話が放送されてた。次回はドクロちゃん2nd直前スペシャルとかやるらしい。じゃあ別にいいや。



う〜ん、今回はほとんどパスでした。

萌え系作品はDVDセールス前提で作られているんでしょうけど、ここまで氾濫すると、いくらU局アニメとはいえ、このビジネスモデルもいつかは崩壊しそうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007夏の新アニメ感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる