シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS ニチアサ2016

<<   作成日時 : 2016/03/13 23:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

遅ればせながらニチアサ感想。



  • 『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレ朝/日曜朝7:30)

    前作『ニンニンジャー』のなんでもありのバラエティ豊かなノリは楽しかったものの、ドラマ面では様々な要素を詰め込みすぎてとっ散らかった印象。やりたいことは見えるけど映像に結実していない感じ。目についたのは天晴が他の4人よりも抜きん出ている描写の不足と、キンジに仇討ちから九衛門との絡み、妖怪化や妖刀といったドラマを集中させすぎた点。各回の課題をクリアして徐々に一人前の忍者となる筋立てもぞんざい。どうせなら連続性など考えずにもっと昭和ライクな1話完結に徹した方が向いてた作品だったと思う。

    そしてスーパー戦隊40作目は『ジュウオウジャー』。動物戦隊とはストレートなネーミング。レッド1人だけが人間で残り4人がジューマンという動物の姿がある点が面白い。初回はOP前にジューランドまで話を進めなくてはならないために序盤が少し駆け足気味だった以外は、初変身からロボ戦まで滞りないばかりかかなり盛り上がって楽しめました。キャラ描写も厚みがあり、ホワイトの今までにない女子力感などはちょっと衝撃的。キューブアニマルは玩具が一部の大きなお友達には不評のようだけど個人的にはギミックの面白さで好印象。なにより初期面子に象がいることが嬉しい。1年間楽しめそう。



  • 『仮面ライダーゴースト』(テレ朝/日曜朝8:00)

    前作『仮面ライダードライブ』はライダーの車モチーフが警察ドラマと乖離していた点は終始気になりはしましたが、中盤のチェイスと霧子のロマンス漂う関係辺りで本作が少女漫画的ドラマを軸とする作品なのだと理解してからは非常に楽しめました。特状課の過剰なまでのコメディ演出も少女漫画における緩和ギャグ表現と思えばしっくりくる。個人的には最後は奇跡で片付けていいからチェイスに復活してほしかった。最後は剛と2人でバイク旅に出て、ロイミュードたちの復活の手だてや共存を探るとかしてほしかったです。

    さて、今年の『仮面ライダーゴースト』は主人公がいきなり死ぬという。でもまあ改造人間とニュアンスは一緒か。生き返るためにゴーストに変身して《眼魔》と戦いながらアイテム《眼魂》を集めるという設定。英雄モチーフのフォームチェンジと聞いた当初はフルーツ以上に玩具のためのなんでもあり感を感じましたが、劇中で眼魂と紐付けされたドラマがあることで意外と納得させられる。キャラでは御成が良い味を出していてそれだけで作品のパワーになっている。あとは眼魂15個の先のドラマ次第でしょうか。



  • 『魔法つかいプリキュア!』(テレ朝/日曜朝8:30)

    前作『GO!プリンセスプリキュア』は序盤の期待値は高かったものの後半に向かうにつれて作り手の力不足が露呈していった感じ。プリンセス修行の形骸化。中途半端に終わったミス・シャムールのレッスンなど、出された課題をクリアして一歩ずつ成長する筋立ては、前述の『ニンニンジャー』もそうですが課題の中身とそれに伴う成長に納得できるかどうかが重要であり難しい。またプリンセス修行という物語なら追加戦士のキュアスカーレットは初期3人との対比キャラとしてディズニープリンセスのような至極真っ当なお姫さまキャラだった方が意義があったと思う。

    前々作『ハピネスチャージプリキュア!』などもそうですが、近年は物語設定まではいいのに、それを本編で継続する力と中盤からの追加要素を馴染ませる対応力の低さが顕著かと。初期3人のキャラが良かっただけに終盤の盛り下がりはもったいなかったですね。

    さて、今年シリーズ13作目のプリキュアは『魔法つかいプリキュア!』。まさか東映魔女っ子がひと回りして戻ってくるとは。人間界の普通の女の子と魔法界の魔法学校に通う女の子が出会うガール・ミーツ・ガールであり、2人一緒でなければ変身できないといった点など、原点回帰な内容。最初にキャラデを見た印象だとリコがしっかりしていて、みらいのドジをフォローする感じかと思いきや、実際は逆だったので意表をつかれました。魔法学校というストレートな舞台なので成長の物語に期待したいです。

    画像
    今年は青がいない…ていうか板
    フィギュアもマスコットも発売予定なしとは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニチアサ2016 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる